13型の新型Chromebook「Acer Chromebook CB5-311 H14N」発売!

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

Acerが新型Chromebookである「Acer Chromebook CB5-311 H14N」の発表をおこないました。2015年3月6日に発売だそうです。先に発表された「Acer Chromebook CB3-111」の13型液晶ディスプレイを備えたChromebookになります。Acer Chromebook CB5-311は海外では、すでに発売されていてその日本版になります。

Acer Chromebook CB5-311は、WI-FIがIEEE802.11ac対応でCPUがNVIDIA Tegra K1を採用しています。13型液晶の解像度は、Chromebook CB3-111と変わらず1366 x 768です。駆動時間も13時間と半日以上もつChromebookとなりました。Chromebook CB5-311のスペックは以下になります。

Chromebook CB3-311 H14Nのスペック

機能項目 スペック
CPU NVIDIA Tegra K1
メモリ DDR3L 4GB
ストレージ 32GB
グラフィック NVIDIA Kepler
ディスプレイ 13.3 TFT LED液晶
解像度 1366 × 768
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0 + HS
WEBカメラ HDカメラ
バッテリー 3220 mAh
駆動時間 13時間
IO USB3.0 ×2, HDMI
サイズ ( 横 / 縦 / 高さ / 重量 ) 327 mm / 227.5 mm / 18 mm / 1.50 kg

Chromebook CB5-311の特徴

Chromebook CB5-311 open

ac対応+USB3.0オンリーなどIO関係がいい!

先に発表となったCB3-111と同じようにWi-Fiがac対応になっています。Chromebookは、ネット接続の速度が一番大事ですからac対応は当たり前ですよね。CB3-111との違いとしてUSBが3.0オンリーになったことです。AcerのChromebookはこれまでC720やCB3-111とかのUSBは、2.0と3.0の混載がほとんどだったためUSBを使う場合は少し面倒だったのですが、CB5-311だとすべてUSB 3.0になったことでUSBを使う場合に気にしなくていいところが増えたのは嬉しいですね。

またストレージもCB3-111と比べると32GBと倍に増えています。ローカルに残すといったことが少ないChromebookですが、ストレージもあるに越したことはないのでその点もいいですね。

CPUがTegra K1なのはどうなのか?

CB3-111とのわかりやすい違いとしてCPUがあげられますね。CB3-111はIntel Celeron N2840を使っていますが、CB5-311はTegra K1を使っています。Tegra K1を使っている有名なガジェットといえば、Nexus 9があげられますが、Nexus 9より少し性能が落ちていてクロック数が2.1Ghzとなります。

Tegra K1はタブレットなんかで使われるARM系のCPUですが、ARM系のチップはChromebookではそれなりに実績があります。ARM系のサムスン製CPUである、Exynosがサムスン製ChromebookやHP Chromebook 11なんかで使われていました。ARM系のチップは、インテル系のCPUと比べるとだいぶ性能が落ちますが、その分駆動時間がかなり伸びるので外で使われることが多いChromebookなんかだと利点のほうが多いでしょう。実際にCB5-311は、同じバッテリー容量のCB3-111よりも4.5時間ほど多く駆動することから言えるでしょう。

性能的には英語ですが、Acer Chromebook 13 CB5-311-T0B2 Chromebook Review – NotebookCheck.net Reviewsをみるといいかもしれません。

tegra-k1

まとめ

Acer Chromebook CB5-311は、Tegra K1を採用したARM系のノートPCなので日本のChromebook市場の中ではちょっと異質な存在になります。しかしながら、駆動時間の長さや13型液晶を備えたChromebookとして面白い存在になりそうなChromebookです。Chromebookにしては高い値段が気になりますが、どれほど売れるのか気になりますね。この機種が受け入れられるとほかのメーカーもARM系のCPUを積んだモデルも出てきそうです。


URL

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>