Acerのファンレス・ac対応の新型Chromebook「Acer Chromebook CB3-111」発売!

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

Acerが新型Chromebookである「Acer Chromebook CB3-111」の発表をおこないました。2015年2月25日に発売だそうです。2014年のChromebookローンチとともに出たAcer C720 Chromebookの後継機種にあたります。

Acer Chromebook CB3-111は、C720とくらべてWI-FIがIEEE802.11ac対応になったのとCPUが新型となりファンレス設計になったそうです。ファームウェアの見直しによりただでさえ早い起動がさらに7秒にまで削減されました。Chromebook CB3-111のしたスペックは以下になります。

Chromebook CB3-111のスペック

機能項目 スペック
CPU Intel Celeron N2840
メモリ DDR3L 4GB
ストレージ 16GB
グラフィック HD Graphics
ディスプレイ 11.6 TFT LED液晶
解像度 1366 × 768
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0 + HS
WEBカメラ HDカメラ
バッテリー 3220 mAh
稼働時間 8.5時間
IO USB2.0 × 1, USB3.0 ×1, HDMI
サイズ ( 横 / 縦 / 高さ / 重量 ) 299 mm / 202 mm / 18.7 mm / 1.10kg

Chromebook CB3-111の特徴

ac対応+ファンレス構成がいい感じ

ざっと見た感じ、Chromebookのベストセラー機であるChromebook C720を順当に進化させた感じですね。Wi-Fiがac対応になって速度も上がりましたし、ファンレス設計になったこととバッテリーの容量削減で重量のダイエットがいい感じですね。それ以外はChromebook C720とそんなに大差ない感じです。

CPUがAtom系になったので若干スペックダウン

CPUがAtom系のCerelon N2840になったことでChromebook C720が使っていたCerelon 2955Uより若干のスペックダウンがあります。CPUについての比較は、Intel Celeron N2840 vs 2955Uを見ていただくとわかりやすいかなと思います。

まとめ

Acer Chromebook CB3-111は、Chromebook C720とくらべてCPUの性能が落ちたとはいえWi-Fiが強化されたこととファンレス設計・重量の軽量化がかなり魅力だと思います。若干のCPUダウンがどれほど影響があるのかわかりませんが、まず安価で販売されることは間違いないのでChromebookの有力な選択肢になるでしょう。

URL

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>