WordPressで簡単にページャを出力できるthe_post_navigation()・get_the_post_navigation()

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

WordPressのテーマ開発で投稿ページにページャを実装するには、previous_post_link()・next_post_link()を使ってテーマ側でページャを実装する必要がありました。WordPress 4.1からは新しく投稿ページのページャを出せるテーマ関数が用意され簡単に実装ができるようになりました。そのテーマ関数について紹介します。

WordPress 4.1で用意されたテーマ関数は、the_post_navigation()とget_the_post_navigation()です。the_post_navigation()とget_the_post_navigation()の違いはページに出力するかしないかの違いしかありません。

the_post_navigation()
ページ出力する
get_the_post_navigation()
ページ出力しない

なので以下は、the_post_navigation()について書きますが、get_the_post_navigation()でも同じように使えます。

the_post_navigation()の仕様

the_post_navigation( $args );
引数名 説明 デフォルト 必須
$args ページャに入れたい配列 array()

the_post_navigation()に必要な引数は$argsの1つですが、任意に指定することもできます。引数を指定するには配列である必要がありthe_post_navigation()に指定できる配列には以下の通りです。

キー / 型 デフォルト 説明
prev_text
[string]
%title 前の投稿に表示するリンクタイトル
next_text
[string]
%title 次の投稿に表示するリンクタイトル
screen_reader_text
[string]
__( ‘Post navigation’ )

the_post_navigation()の使い方

the_post_navigation()の使い方は以下の通りです。

the_post_navigation()基本的に設定する部分が前後のリンクタイトルとスクリーンリーダー用のテキスト文言だけなので動きます。出力は以下のような形です。

まとめ

WordPress 4.1からthe_post_navigation()・get_the_post_navigation()で簡単にページャが実装できるようになりました。the_post_navigation()は、通常のページャに加えて、スクリーンリーダー用のHTMLも一緒に出力するので、display:noneで制御したり今までどおりテーマ側で実装する必要がありますが、簡単にページャができるというだけでも今後も使っていきたいテーマ関数です。

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>