get_header() – WordPressインクルードタグ関数

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

WordPressでテーマを作成するときは1つのPHPファイルですべてをカバーするようなテーマを作ることはまったくなく、index.php, single.php, page.phpなどいくつかのファイルに分割してページごとにテーマ制作をおこないます。そういったときに必ずといっていいほど使うget_header()、 get_footer()、 get_sidebar()といった関数が使われます。get_header()はWordPressではインクルードタグと呼ばれget_header()を書いたファイルに対してheader.phpをインクルードする関数です。

get_header()について

get_header()は、WordPressで現在有効になっているWordPressテーマのテーマディレクトリの直下にあるheader.phpもしくはheader-{$name}.phpを読み込みます。

get_header()の仕様

get_header($name)
引数名 説明 デフォルト 必須
$name 特定テンプレート名 なし
  • $nameはheader.phpに対して追加で名前があるときに指定します。

header.phpについて

get_header()を使うその前にheader.phpについて説明します。header.phpは<head>内のタグやページ上部ぐらいまでのどのページにいっても基本的に変わることのないテンプレートを書いたPHPファイルになります。index.phpやsingle.phpでget_header()でheader.phpを読みこませれば個々のファイルに<head>タグを書く必要がなくなるのでコードが見やすくなります。

get_header()の使い方

get_header()の使い方は以下の通りです。

get_header()は、header.phpをインクルードするのでよっぽどのことが無い限りテンプレートファイルの最初の有効行に書くのが普通です。header.phpを複数作っていて(header.phpとheader-secound.phpなど)使い分けをしたい場合は6行目にあるようなget_header()を使ってください。

またget_header()を使っていて、有効になっているWordPressテーマのテーマディレクトリ直下にheader.phpがない場合、/wp-includes/theme-compat/header.phpにあるheader.phpがインクルードされます。

参考URL

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>