復活!WordPressテーマをフルモデルチェンジしました

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

ここ1ヶ月ちょっと、Young FlavorのWordPressテーマを変えたい衝動にかられ、WordPressテーマを新規開発して半年ぶりくらいに変えてみました。テーマを変えてみようかなと思ったきっかけは、Bootstrap 3が正式版としてリリースされたからです。前のテーマはBootstrap 3の開発途中のものをちょこちょこと入れてた中途半端なテーマだった上、ベースがBootstrap 2.3がベースのものでメンテが少し面倒なものでした。Bootstrap 3のRC版が出たぐらいから開発の検討をはじめて8月ぐらいからちょこちょこと作っていた感じです。まだまだやりたいことの半分くらいしかできてませんが、ある程度テーマの形としては出来たのでそこらへんも含めてテーマでやったことを紹介します。

このテーマでやったこと

  • カラーを大幅変更とフラットデザイン?っぽいものに変更
  • 3カラムでのレスポンシブ化
  • AdsenseとかSNSのリンクをテーマにベタ書きするのはやめた
  • カスタムメニューを追加
  • 一部ウィジェットの改造
  • JetPackをもっと使うようにした
  • プラグインのもう少し活用することにした

カラーの大幅変更とフラットデザイン?っぽいものに変更

まずはカラーの変更です。前のテーマは、黄土色と緑のアーバンカラーをベースにしていたのですが、今回は、ライトグレーにダークブルーとダークグレイの組み合わせにレッドとライムをアクセントにしたカラーに変更しています。僕自身、デザイナーではないので色合いとか考えてつくったとかはまったくなく、完全に自己満足の世界で作っています。あとフラットデザイン?っぽいこともしてました。フラットデザインがなにかと言われるとなにも答えることができませんが、いろんなサイトを見てこれがフラットデザインやろみたいな感じで作っています。

3カラムでのレスポンシブ化

このテーマは、PC表示においていくつかのページで3カラムの表示がある構成になっています。主にトップのindex.phpやpage.phpなどで3カラム表示です。これらのページもタブレットサイズのウィンドウで見る場合は2カラムで表示、スマホのウィンドウサイズだと1カラムで表示されるようになっています。ここらへんは、Bootstrap 3のグリッドシステムが賢くなったおかげやclearfixの使い方を覚えたおかげで出来るようになりました。ここらはまた別の記事で紹介したいと思います。

AdsenseとかSNSのリンクをテーマにベタ書きするのはやめた

前のWordPressテーマでは、直接AdsenseのコードやSNSのコードを書いていたのですが、テーマチェックプラグインでAdsenseがエラーに引っかかってしまったため、オプションとしてDBに保存するように変更をしました。テーマを配布するならテーマチェックプラグインでの検査は必要ですし、開発目標としてテーマチェックプラグインでの検査をなくす目的もあったのでAdsenseとかを管理画面で設定して表示するようにしています。

カスタムメニューを追加

前のテーマでもカスタムメニューは追加していましたが、フッターのわかりにくいところにおいていたのでそのメニューをやめてヘッダーの右側に新規で設置しました。WordPressでのカスタムメニューの追加の仕方は、簡単なので今度紹介します。

JetPackをもっと活用することにした

前のテーマでもJetPackは活用していました。主にTwitterウィジェットやコメントフォームで活用しています。ただJetPackはもっといっぱい機能があるプラグインでFacebookのLikeboxやYoutubeのショートコードが使えたりいろんな機能があります。今回のテーマではGravatarをつかったプロフィールをフッターに設置してみました。設置したことで僕のプロフィールが少し出てきたかなと思います。JetPackについては、また別の記事で書く予定です。

プラグインをもう少し活用することにした

WordPressの醍醐味のひとつであるプラグインですが、前のテーマというか前に使っていたレンサバがいまいち性能がよくなくて動きがおそかったりしていました。そのレンサバはもう使っていませんが、プラグインに対する偏見がレンサバを移行してもあったのでテーマ切り替えと同時にプラグインについても少し追加をしたりしました。現在使っているプラグインとかもちゃんと紹介します。

最後に

長々と書いてしまいましたが、やっぱ1からテーマ制作をするとWordPressの賢いところが見えてきて勉強になり楽しかったです。WordPressでのテーマ制作は、プラグラミングの知識がないと難しいとは思いますが、Google先生とかCodex先生とかテーマ制作の役に立つ先生もいっぱいいるので興味がある方はやったほうがいいです。最後にリニューアルしたYoung Flavorを今後ともよろしくお願いいたします。

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>