2013 オーストラリアGP キミ・ライコネンが開幕戦を飾る!

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

2013年開幕戦F1オーストラリアGPは、ロータスのキミ・ライコネンが優勝しました。2位にフェラーリのフェルナンド・アロンソ、3位にレッドブルのセバスチャン・ベッテル、4位にフェラーリのフェリペ・マッサ、5位にメルセデスのルイス・ハミルトンとなりました。ライコネンは、復帰後シャンパンが飲めるところでの初優勝となります。

2013_australian_r4

レース感想

土曜日の予選が雨の影響でQ1だけやって延期となり日曜日の午前にQ2・Q3をやる変則的なスケジュールとなりました。予選では、レッドブルのフロントロー独占となりこりゃレッドブルの圧勝だなぁと思った決勝ですが、スタートでマーク・ウェバーがミスをするわベッテルはマッサに追いかけられるわで予選のいいところがまったく出せなかったようです。そのかわりフェラーリが悪くないペースでレースをしていて見ていて楽しい展開でした。ただ、ライコネンの素晴らしいレース運びには気づかずに気づいたときにはもう遅かったようです。

ライコネンよかった

そのライコネンですがスタートでほとんど邪魔をされずにするするっと前に出てからは、車の特性を十分にいかした2ストップ作戦で素晴らしいレース運びをしてびっくりしました。ライコネンの前でベッテルとフェラーリの2台がバトルをしているときも近づくだけでなにもアクションをせず、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルがベッテルやフェラーリの2台を塞いでいるときも必要なときだけプッシュする開幕戦から車を信頼しきった貫禄のレースでした。

2013_australian_r2

フェラーリやメルセデスもよかった 

今回のレースで光っていた車がたくさんありました。フェラーリはもちろんのことメルセデスも悪くなさそうですし、フォース・インディアのスーティルも1年のブランクを感じさせないびっくりするようなパフォーマンスをみせてくれました。逆に以外だったのは、レッドブルとマクラーレンでした。レッドブルは今年のタイヤにはまだあってないのかレースペースではロータスほどのパフォーマンスを見せてないです。マクラーレンの場合は、車の特性を大きく変えたとはいえ中団グループに混ざってしまうようなパフォーマンスしかだせないのにはびっくりしました。これでは、ザウバーからトップチームに移籍したと思っていたであろうセルジオ・ペレスはがっかりしたでしょう。

まとめ

今年のオーストラリアGPは、雨がふったり気温が低かったりと例年とはかなり環境が違うGPでした。次のマレーシアGPは、熱帯気候の暑いレースになることは間違いありません。今回のレースとはうってかわってレッドブルやマクラーレンが強いのか、はたまたロータスやフェラーリがオーストラリアGPと同じような展開を見せてくれるのかとても楽しみです。

2013_australian_r1

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>