2012 F1ドイツGP決勝 フェルナンド・アロンソがポールトゥウィン

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

2012 F1ドイツGP決勝は、フェラーリのフェルナンド・アロンソがポールトゥウィンで今季3勝目をあげました。2位にマクラーレンのジェンソン・バトン、3位にロータスのキミ・ライコネン、4位にザウバーの小林可夢偉、5位にレッドブルのセバスチャン・ベッテルとなりました。ベッテルはフィニッシュが2位だったのですが、終盤にジェンソン・バトンをオーバーテイクする際にコース外からオーバーテイクしたためペナルティとしてフィニッシュタイムから20秒の加算がされています。

決勝感想

今回の決勝は、アロンソの実力がいかんなく発揮されたレースになりました。終始、後ろのベッテルやバトンとの間隔をみてレースをしていました。途中、周回遅れになったマクラーレンのルイス・ハミルトンにベッテルの邪魔をしてくれましたが、それがなくても普通に危なげないレースをして優勝していたでしょう。

強いバトンが帰ってきた

マクラーレンの復活というか強いバトンが戻ってきました。まだ速さではトップグループとはいえないですが、ドライにおいてはかなりいいパフォーマンスを発揮していると思います。ハミルトンも序盤のパンクチャーがなければトップグループの中には入れるパフォーマンスを出していたのでパンクチャーない状態でレースをみてみたかったです。

ザウバーも復調 ?

ザウバーの2台もいいパフォーマンスを発揮していました。小林は4位、セルジオ・ペレスは6位と、予選の失敗を2人のドライバーが見事にカバーしたレースでした。特に小林は、これまでの不調を払拭できるきっかけになったでしょう。ただ車がいいだけにいいチームにいくために表彰台といったところがどちらもほしいです。しかしピットストップや戦略といったチーム力に不安を抱えているのでとれるかどうかわかりませんが・・・

夏休み前最後のレース

次は、ドイツGPと2連戦になるハンガリーGPです。F1の夏休みまえ最後のレースとなり、どのチームもいい結果を上げて夏休みを迎えたいところでしょう。ハンガリーGPが行われるサーキットは、ハンガロリンクというところで行われます。ハンガロリンクはかなり有名なミッキーマウスサーキットであまり追い抜きができませんので予選が重要になります。また、ミッキーマウスサーキットの割に平均速度が高くて1週をまとめるのが難しいサーキットでもあります。アロンソがこのまま独走をはじめるのかそれともそれ以外のドライバーがアロンソにまったをかけるのか、それとも新しいウィナーが生まれるのか楽しみです。

2012_f1_german_r2

決勝結果

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>