2012 F1ハンガリーGP決勝 ルイス・ハミルトンがポールトゥウィン!

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

2012 F1ハンガリーGP決勝は、マクラーレンのルイス・ハミルトンがポールトゥウィンで今季2勝目の優勝となりました。2位にロータスのキミ・ライコネン、3位にロータスのロメイン・グロージャン、4位にレッドブルのセバスチャン・ベッテル、5位にフェラーリのフェルナンド・アロンソとなりました。

レース感想

今回の決勝は、サーキットの特性で特に波乱が起きるようなレースにはなりませんでした。ハンガリーGPの会場であるハンガロリンクは、オーバーテイクができる箇所が殆ど無く、雨絡みのレースではない限り特に動きのないレースになりがちなサーキットとなります。去年から使われているDRSやKERSといったシステムを使い、ピレリタイヤの特性を持ってしてもモナコ並に追い抜きが出来ないサーキットであることが証明されました。なのでハミルトンはスタートさえきっちり決めることが出来れば楽に勝利をつかめる状況にあったのは間違いありません。レース後半にライコネンの追い上げで危ないとおもわれる場面がありましたが、ハミルトンの車のタイヤがダメにならない限り、ライコネンに抜かれることはほぼありえなかったので、ハミルトンは余裕をもった走りをしてライコネンの追い上げを振り切ることが出来ました。

ロータスの2台におどろき

優勝したハミルトン並に良かったのがロータスの2台でした。これは、予選の結果からしてわかっていたことだったので、特に驚きといったこともありません。順当にライコネン・グロージャン共に良いレースをしたでしょう。ただグロージャンは、レース後半にライコネンに2位を奪われたのは少し課題に残ったかもしれません。

2ストップと3ストップに明暗

このレースで面白かったのは、2ストップ組と3ストップ組が別れたことです。結果として2ストップのほうが全体的にいい成績でした。3ストップをしてポイントを獲得したドライバーは、ベッテル、マクラーレンのジェンソン・バトン、レッドブルのマーク・ウェバーでした。この3人はタイヤが持たなかったのかどうかはわかりませんが、なぜ3ストップを選んだのかが疑問でした。シミュレーションでは3ストップが速いらしいのですが、ハンガロリンクは、モナコ並に抜けないサーキットな上、1週あたりの全長もかなり短いサーキットなのでトラフィックに引っかかりやすいサーキットです。なので3ストップをするには、結構なリスクがありました。実際バトンは、3ストップ目をしたあとは、ずーっとウィリアムズのブルーノ・セナに10週ほど引っかかって、自ら表彰台のチャンスを潰しています。なので今回の場合は、2ストップでなるべくコースに残り続けるのがいい結果につながりました。

F1も夏休み

ハンガリーGPを終えてF1サーカスは夏休みに入ります。今年の夏休みは昨年までとは違い8月はほぼまるごとレースがありません。一ヶ月まるまるあいた次戦は、スパ・フランコルシャンで行われるベルギーGPになります。スパ・フランコルシャンは、ハンガロリンクと違って1週がかなり長いコースでオー・ルージュという有名な坂もありなおかつストレートもそれなりに長いのでエンジンに負担がかかりやすいサーキットです。各チームとも夏休み中に車のアップデートを施してくると思うのでどのように車が変わるか楽しみです。

2012_f1_hungary_r2

決勝結果

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>