MacでAndroidの開発環境を作る(Android SDKインストール編)

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

前回の「MacでAndroidの開発環境を作る(Eclipseインストール&日本語化編)」の続きになります。
前回インストールしたEclipseにAndroid SDKという開発ツールをインストールします。Android用のEclipseプラグイン、ADTプラグインをインストールしてAndroid SDKをEclipseに適用する方法です。今回は、その方法を紹介します。

Android SDKインストール

はじめに、EclipseをMacにインストールしておいてください。

  1. Eclipseを起動する
  2. 「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール…」をクリック
    新規追加
  3. 「追加」ボタンをクリック
    使用可能なソフトウェア
  4. 「ロケーション」のテキストバーに以下のURLを入力
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

リポジトリーの追加
5. 「開発ツール」のところにチェックを入れて「次へ」ボタンをクリック
追加後
6. 「次へ」ボタンをクリック
インストール詳細
7. 「使用条件の条項に同意します」のラジオボタンをクリックして「完了」ボタンをクリック 
ライセンス
8. ADTプラグインがインストールされるのを待つ。途中、セキュリティ警告がでるが、「OK」ボタンをクリックしてインストールを続ける
インストール中
セキュリティ警告
9. ADTプラグインがインストールされたらEclipseを再起動させる
再起動
10. Eclipseの再起動後、「Android開発へようこそ」というウィンドウが表示される
11. 「新規 SDKのインストール」を選んで「次へ」ボタンをクリック
新規追加
12. 使用統計の送信にどちらか選んで「完了」ボタンをクリック
統計
13. Android SDKがインストールされる
SDKインストール
14. 途中、Android SDKのライセンスの同意ウィンドウが出てくるが「すべて受諾」を選んで「インストール」ボタンをクリック
SDKライセンス
15. 完了

Android APIのインストール

これでEclipseにAndroid SDKが適用されます。Android SDKをインストールしただけでは、11でAndroid APIを一緒に入れた場合を除きまだAndroidアプリの開発はできません。Android APIをインストールするには、次の方法で行います。

  1. Ecliseの「ウィンドウ」→「Android SDKマネージャー」をクリック
    SDKマネージャー
  2. 開発したいAndroid OSのバージョンを選択する
  3. 「**パッケージのインストール」ボタンをクリック
    API追加
  4. Android APIのライセンスに同意してインストール
    ライセンス
  5. 完了

これでAndroidアプリを開発できます。

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>