MacでAndroidアプリを作ってみる(第1回目)

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

前回で、MacでAndroidの開発環境を構築しました。今回から複数回に渡って、簡単なAndroidアプリを作ります。アプリの内容としては、Bloggerの投稿を表示するものを作りたいと思います。Androidアプリを作るにあたって、プログラミングの基礎とJavaの知識があるといいですが、なるべくAndroidアプリを作ったことがない人向けに書いていきたいと思います。今回は、EclipseによるAndroidプロジェクトの作成とファイル作成をやります。

アプリを作るにあたっての準備

Androidアプリを作るにあたってAndroid SDKマネージャーからAndroid OSのビルドターゲットをダウンロードしておいてください。OSのバージョンは2.1以上で大丈夫ですが、3.0以降は、挙動が少し変わるので出来れば、2.1〜2.3の間 でお願いします。3.0以上は、今後対応するようなプログラムを記事にします。

Androidプロジェクト作成

  1. Eclipseを起動する
  2. 「ファイル」→「新規」→「その他…」をクリック
    プロジェクト作成
  3. 「Android」→「Androidプロジェクト」を選択して「次へ」ボタンをクリック
    プロジェクト作成2
  4. 「Project Name」のところのテキストバーに適当にプロジェクト名を書いて「次へ」ボタンをクリック
    プロジェクト名入力
  5. ビルドターゲットOSを選択して「次へ」ボタンをクリック
    OS選択
  6. 「Application Name」のところのテキストバーにアプリ名を「Package Name」のところのテキストバーにパッケージ名を書いて「アクティビティーの作成」のところのチェックボタンを外して「完了」ボタンをクリック
    パッケージ選択
  7. プロジェクト作成完了

Androidアプリを作成するためのプロジェクトが出来ました。次にアプリにしていくためコードを書くファイルを作成します。

クラス作成

  1. 作成したプロジェクトのところの下にある「src」→「パッケージ名」で右クリックして「新規」→「クラス」をクリック
    クラス追加
  2. 「名前」のところのテキストバーにファイル名を書いて「スーパークラス」の行にある「参照」ボタンをクリック
    make_file
  3. 「型を選択してください:」の下にあるテキストバーに「ListActivity」と検索して「一致する項目:」の下にある「ListActivity – android.app」を選択して「OK」ボタンをクリック
    super_class
  4. 「完了」ボタンをクリック
  5. ファイル作成完了

ファイルの作成が出来ました。これでAndroidアプリを作っていきます。上手にいくとEclipseの画面が以下のような感じになると思います。

eclipse_code_view

まとめ

今回はAndroid関係なくEclipseの使い方みたいな感じになりましたが、Androidアプリを作るにあたって必要なことなので、書きました。プロジェクトの作成もファイルの作成も適時違う指定になることがありますが、基本は一緒です。あとタイトルに「MacでAndroidアプリを作ってみる」と書きましたが、Macは関係無かったですw

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>