MacでAndroidアプリを作ってみる(第3回目)

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

MacでAndroidアプリを作ってみる(第2回目)」の続きです。
前回は、ListActivityを使ってとりあえずリストを作る所までやりました。今回は、前回作ったリストを使ってBloggerのタイトルをリストで表示するものを作ります。Bloggerには、いろんな言語で表示したり投稿したりできるAPIがあり、そのAPIを使ってリストを作ります。

Google Data Java Client Libraryについて

アプリを作る前に下のリンクからgdata-src.java-*.**.*.zipとguava-**.*.jarをダウンロードしてください。(「*」は数字でバージョンを表してます)

「Google Data Java Client Library」は、BloggerやGoogleのサービスを含んだGoogle DATA APIです。「Guava: Google Core Libraries for Java 1.6+」は、Googleが独自に作ったコアJavaライブラリになります。Google Data Java Client LibraryとGuavaがないとJavaのみでのAndroidアプリが作れません。

jarファイルのダウンロード

まずは、ダウンロードしたAPIをプロジェクトに入れるところからやります。

jarファイルの指定

  1. プロジェクトにフォルダを作る(右クリック→「新規」→「フォルダー」)
  2. gdata-src.java-*.**.*.zipを解凍する
  3. 解凍して出来たフォルダ「gdata」→「java」→「lib」に行く
  4. その中にあるjarファイルの中で以下のものをプロジェクトに作ったフォルダに入れる
  5. guava-**.*.jarをプロジェクトに作ったフォルダに入れる
    • gdata-base-*.*.jar
    • gdata-blogger-*.*.jar
    • gdata-blogger-meta-*.*.jar
    • gdata-client-*.*.jar
    • gdata-client-meta-*.*.jar
    • gdata-media-*.*.jar
  6. 右クリック→「ビルド・パス」→「ビルド・パスの構成…」をクリック
  7. 右側にある「クラスフォルダーの追加」をクリック
  8. jarファイルが入っているフォルダを指定して「OK」をクリック
  9. 完了

これでプロジェクトにjarファイルを入れることが出来ます。ビルド・パスの構成のところで「外部jarの追加」は出来ますが、Androidに入れた時にjarファイルがない状態になるのでプロジェクトにjarファイル用のフォルダを作りそこにjarファイルを入れてビルド・パスの指定をしてください。

BloggerTitleListActivity.java

次に前回作ったファイルにコードを追加していきます。

まず「getAllPosts()」というメソッドを追加しました。このメソッドは、BloggerブログのフィードURLからブログ記事のタイトルを取得してArrayListに入れて返してます。URLがBlogger標準のフィードなのでおそらく500件までは取得できるはずです。それ以上の記事のタイトル取れるかどうかは、試していませんので未確認です。37〜38行目の「new URL(“http://www.blogger.com/feeds/[BloggerにあるブログID]/posts/default/”);」のBloggerにあるブログIDとは、Bloggerに開設したブログのIDを指定します。ブログのIDは、Blogger管理画面のURLに「blogID=数字」というのがあるのでその数字を[BloggerにあるブログID]に書いてください。

onCreate()メソッドの変更点は、前回のコードは、String型の配列をArrayAdapterに渡していましたが、今回は、getAllPosts()メソッドで取ってきたブログ記事のタイトルが入ったArrayListをArrayAdapterに渡しています。

AndroidManifest.xml

次にAndroidで通信機能を使うためにAndroidManifestを一部を追加します。

ここに追加したのは、「<uses-permission android:name=”android.permission.INTERNET”>」です。これを入れることで、Androidアプリの通信が許可され、BloggerTitleListActivity.javaで書いた「getAllPosts()」が動きます。これらのコードを追加したら実行してみてください。うまくいくと下の画像のような形になると思います。

samplebloggertitlelist

まとめ

これで自分のBloggerのタイトルが表示されるようになりました。わからないことや、ここはこうしたほうがいいんじゃないというのがありましたらコメントに書いていただけると助かります。

参考

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>