スマホで使える家計簿ソフト

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

家計簿をつけている方はいらっしゃいますか?家計簿をつけていらっしゃらない方は今すぐにでも家計簿をつけたほうがいいです。家計簿はつけるだけだと何も効果はないですが、つけた家計簿を見直すとびっくりするような使い方をしていることが結構出てくるものです。家計簿をつけるとなると結構面倒な作業であることは間違いありません。その面倒をなくすためにPCのエクセルのマクロや家計簿ソフト、スマホの家計簿アプリなどたくさんあります。僕の場合は、Zaimというアプリを使って家計簿をつけています。アプリだけという枠を超えた素晴らしいアプリなので紹介します。

Zaimの使い方

Zaimは、iOS・Androidで提供されているネイティブアプリです。簡単にZaimの使い方を紹介します。まずはZaimのアカウントを作成する必要があるので、その方法からやります。

Zaim起動

  1. 「初めての方はこちら」ボタンをタップzaim-2
  2. メルアド・ユーザ名・パスワードを入力して「Signup」ボタンをタップzaim-3
  3. 完了

これでZaimアカウントが作成されます。次に家計簿の重要な要素である支出と収入を入力するやり方を紹介します。

支出

  1. 「入力する」タブをタップ
  2. 「支出」から支出の分類を選択zaim4
  3. どんな支出かを選択zaim-5
  4. 金額を入力zaim6
  5. メモ・場所を入力(オプション)
  6. 「記録する」ボタンをタップzaim-7
  7. 完了

収入

  1. 「入力する」タブをタップ
  2. 「収入」から収入の分類を選択zaim-8
  3. 金額を入力zaim9
  4. 「記録する」ボタンをタップ
  5. 完了

これで基本的な支出と収入が入力出来ます。基本的なところは以上です。これだとZaim以外の家計簿アプリならiOSもAndroidもたくさんあります。ここから、Zaimが他の家計簿ソフトと違う点を紹介します。僕が面白いと思っている機能を2つ並べました。

その他連携

  • Evernoteと連携
  • OCN家計簿と連携

まず、Evernoteと連携できる機能ですが、これはZaimの家計簿のデータをEvernoteに渡せる機能です。バックアップとして使ったり、身内で家計簿を共有するのに最適ではないのでしょうか?Evernoteとの連携は以下の通りです。

  1. 設定タブをタップ
  2. ソーシャル連携→「Evernote」をタップzaim-10
  3. Zaimアカウントを入力
  4. Evernoteアカウントを入力
  5. 「許可」ボタンをタップzaim11
  6. 完了

OCN家計簿との連携

次にOCN家計簿との連携を紹介します。Zaimで入力したデータをOCN家計簿で見ることが出来ます。OCN家計簿は、銀行や証券会社などの金融機関やAmazonや などのショッピングサイトの履歴などを取得して反映してくれる素晴らしいサイトです。ZaimとOCN家計簿を連携すると以下のような形になります。

  • OCN家計簿で金融機関から給与を取得
  • Amazonの購入履歴をOCN家計簿で取得
  • Zaimで日頃の買い物を記録
  • OCN家計簿で反映

これがあるおかげでZaimの魅力がかなり増します。この機能のおかげで家計簿に取られる時間が少なくなりほかのことができるようになります。

まとめ

このようにいろいろとZaimについて紹介しましたが、まだまだなところもあります。1つ目は、安定性です。iOSは大丈夫ですが、Android版は安定性に欠けます。2つ目は、OCN家計簿からZaimへの連携ができないことです。ZaimからOCN家計簿へは連携できるのですが、逆はまだできません。1つ目は、プログラミングの問題なので、いずれは解消されると思いますが、2つ目は、政治的な部分もあると思うので、今後どうなるかはわかりません。ただZaimを制作されている方は、機能としてほしいということを認識しているみたいで、今後実装されることを楽しみにしています。

参考

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>