Facebookの上場

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

ここ最近の話題にもありますが、現地時間の2012年5月18日、FacebookがNASDAQに上場します。上場したら1000億ドル以上の評価額で160億ドルの資金を調達するそうです。ネット企業では、過去最大のIPOです。過去最高額のIPOにもかかわらず新規注文が停止している証券会社もあるみたいです。Facebook上場にあたって、SNS関連のZyngaやLinkedIn、Pandora、Grouponなども買い相場になっています。Facebookの上場にあたって、売り出し株の資金確保のためにUniversalなどの従来型メディア企業やGoogleなどのネット関連企業の株が一部売られているみたいです。ここまでくると、Facebook疲れみたいなネガティブ要素も吹き飛ぶくらいのFacebook人気はあるんですね。

Facebookの評価額にびっくり

この上場劇にあたって僕は、FacebookがIPO申請したときのFacebookの評価額にびっくりしました。売上が37億ドルしかない企業に1000億ドルの評価額なんてとてもじゃないけど正気の沙汰ではないと思いました。これでも最初のIPO申請のときより売り出し価格を上がっているんでさらにびっくりです。さすがにこれ以上の売り出し価格の上乗せは幹事の証券会社から待ったがかかったみたいです。ユーザが8億人以上もいるFacebookがこれからこの評価を超えられないとは思っていませんが、いくらなんでもIPOの売り出しでこの評価はないだろうと思います。Googleの上場したときの評価額くらいなら納得できるんですけどね。あと新規注文で株を購入した人は、すぐには株を売れないです。これは、株の売り抜けされて評価が下がるのを防ぐためですが、ここまで評価が高い企業の株を自由に売買というのも、辛いところがあります。

モバイル関連の強化

IPO申請で出てきた課題としてFacebookがやらなければいけないとしているのは、モバイル関連の強化だそうです。この分野で一人勝ちしている企業がない(*1)のもありますが、Facebook自身、モバイル関連にあまり強くないGoogleなどに比べても遅れていると認識しているみたいで、そのキャッチャアップに今回の上場で調達した資金を投じると思います。そのための第一歩としてInstagramを10億ドルで買収したのは記憶に新しいです。

*1(AppleやSamsungなどハードなども作っている企業ではなく、ネット関連のみ企業)

マネタイズどうするんだろう

最後に、FacebookがIPO後にやらなければいけないと思うのは、早い段階での売上100億ドルを越せるようなマネタイズをしないといけないでしょう。8億人以上もいるユーザから気持ちよく使ってもらってお金を稼ぐような仕組みをここ数年ずっと探してやっていると思いますが、いまだにこれといった決定打を打ててないのは心配要素の一つだと感じています。僕がこんな心配しなくてもFacebookはすごい方法のマネタイズをみせてくれるでしょう。世界最大級のIPOとなったFacebookが今後どのようになっていくのか、ボスのマーク・ザッカーバーグがどんな「Bitch!!」を見せてくれるのかすごく楽しみです。

参考

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>