最近のF1の予選について

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

僕は、最近のF1の予選が面白くないときが増えてきました。なぜかというとチームが予選でアグレッシブに走らせないので決勝のグリッド争いがどうでも良くなっているときが増えているからです。特にQ3がその例でしょう。基本的に今のノックアウト予選方式自体は結構好きです。1時間しかない予選の放映時間にうまくあわせていますし、その中でいろいろと面白いことが起きたりしますし、天候による差はないので、うまくクリアラップがとれれば速い車が順当に上がっていけるのでいい方式でしょう。昔みたいに1時間予選で好きなときに走ってタイムを出す方式や1周のみのスーパーラップ方式よりもノックダウン方式はいいと思います。

では、なんで最近のF1の予選が面白く無いかというとタイヤの制限があって自由に走れてない時間が多いと思います。昨シーズンからタイヤが変更になってブリジストンからピレリに変わりました。タイヤの寿命がとてもいいブリヂストンから寿命がとても短いピレリに変わったことで、タイヤライフを気にしすぎて予選でアグレッシブにはしれないことが予選をつまらなくさせている原因だと思います。このことに関してピレリが悪いとは思っていません。決勝では、ピレリ製の寿命の短いタイヤのおかげでオーバーテイクや不確定要素が増えてとても面白いショーを見せてくれています。

予選専用タイヤがほしいなぁ

今年のウィナーが毎戦変わっていることは、ピレリのおかげでしょう。ブリジストン時代からは、とても想像できないことだと思います。ブリジストンだと予選させみれば、決勝はだいたいグリッド順で終わることが予想できて正直いって楽しくないショーを見せられていたので、ピレリの場合は予選さえどうにかなればウィークエンドを通じて面白いF1が見れると思います。そのために予選専用タイヤを作るのはどうでしょう。特にQ3には必要だと思っています。Q3に1セットだけ予選専用タイヤを作ればグリッド順も重要になるし予選が楽しくなると思います。

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>