2012 F1モナコGP決勝 マーク・ウェバーが今季初優勝

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

F1モナコGP決勝は、ポールポジションからスタートしたレッドブルのマーク・ウェバーが優勝しました。2位にメルセデスのニコ・ロズベルグ、3位にフェラーリのフェルナンド・アロンソ、4位にレッドブルのセバスチャン・ベッテル、5位にマクラーレンのルイス・ハミルトンとなりました。

決勝感想

今年のモナコGPは、例年と同じような決勝レースだったと思います。スタートしてからすぐのアクシデント、それでセーフティーカーが出て隊列を整えてから、ローリングスタートでレース再開、そのあとは最初のピットストップまで数珠つなぎでレースが運んで、ピットストップで少し順位の変動があり、そのあとはゴールといったレース展開です。今年のスタート時のアクシデントは、ロータスのロメイン・グロージャンとメルセデスのミハエル・シューマッハがその担当でした。スタートで遅れたグロージャンとスタートがうまくいったシューマッハが1コーナー前のブレーキゾーンで接触をしてグロージャンが横向いたため、それに巻き込まれる形でザウバーの小林可夢偉がグロージャンと接触をして、さらにマクラーレンのジェンソン・バトンとも接触してしまいました。それ以外にも前戦のウィナーでモンテカルロを得意とするウィリアムズのパストール・マルドナドがリタイヤしたりと最初は荒れた展開となりました。そのあとは、レースが固まった状態で進んでほぼそのままの順位でゴールという展開でした。

10週目ぐらいから雨が降るという無線があったためロータスのキミ・ライコネンやシューマッハがピットストップをやたら引っ張るといったこともありましたが、プライムのソフトタイヤでスタートしたドライバー以外はほぼ似たようなピットストップで最後まで進んだ形です。ソフトタイヤでスタートしたドライバーで一番成功したのは、ベッテルでしょう。ベッテルは、フリー走行のときから決勝を見据えたセッティングをして、実際に予選をろくに走らずにレースを迎えました。去年みたいなバカ戦略はしませんでしたが、今年も最初のスティントでかなりの距離を走って抜きにくいコースを上手な戦略でこなした結果の4位だと思います。天候がしっかりわかっていれば優勝できたかもしれません。

可夢偉の運の無さ

ここ最近、可夢偉君の運のなさが心配になってきました。今年は、車もよくていいときは結果も残していると思いますが、いかんせんぶつけられたりといったトラブルに泣かされていると思います。チームメイトのセルジオ・ペレスがマレーシア以外でがっかりパフォーマンスを見せてくれているので、評価はそれほど下がっていないとは思いますが、運のない状態が続くとトップチームへの移籍も厳しくなると思うので、なんとかいい結果を残せるといいと思います。

次はカナダGP

例年通り、華やかな舞台と普通のレース展開で終わったモナコGPから、アメリカ大陸にわたって行われるカナダGP。かなりクラシックな部類に入るサーキットがゆえに2勝目をあげるドライバーが出てくるのか、はたまた今年優勝していない7人目のドライバーが出てくるのかどのような展開がF1に訪れるのかとても楽しみです。

スタート

決勝結果

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>