2012 F1バーレーンGP予選 セバスチャン・ベッテルがPP獲得

公開日 : 最終更新日 :

カテゴリー :

F1バーレーンGPはレッドブルのセバスチャン・ベッテルがポールポジションを獲得しました。2位にルイス・ハミルトン、3位にマーク・ウェバー、4位にジェンソン・バトン、5位にニコ・ロズベルグが入りました。

バーレーンGPについて

政治情勢が不安定でやるかやらないか、ギリギリまでどうなるかわからなかったバーレーンGPですが、GPの開催は行われています。ただ、ゴタゴタはあるようで、クラッカー集団のAnonymousによるF1公式サイトのDoS攻撃を筆頭に、フォースインディアとザウバーのスタッフがデモに巻き込まれたりしています。F1界のボス バーニー・エクレストンに記者からの質問で怒ったりと面白いことも起きています。また、前日のフリープラクティス2でフォースインディアがスタッフの安全確保のために車を走らなかったため、フリープラクティス3と予選で単独で映像に移さないといった報復もありました。実際、バーレーンの情勢不安でF1が目立った格好になっていますが、F1サーカスで危ない国は、バーレーンだけではないのですし、政治情勢とF1はあまり関係がないので、あまり騒ぐことでもないと思います。

レッドブルとマクラーレンがはやかった

GPに戻して、今回は、レッドブルとマクラーレンが速さを魅せました。特に、レッドブルとセバスチャンは今季初のPPで、マークも3番手と、中国までの苦戦を晴らすかのような車のできだと思います。ただマクラーレンとの差もほとんどないですし、前戦優勝したメルセデスのニコもかなり近いタイムで来ています。さらには、6番手に僅差でトロロッソのダニエル・リチャルドが入っています。今回の予選は、Q3に8チームが進出するという混みあった予選になりました。少しでもタイムが出せないと、簡単に落ちてしまうような予選になっていましたし、実際に落ちたドライバーもいます。セバスチャンからダニエルまでのタイム差が0.5秒しかないありません。また決勝に向けてタイヤを温存しているドライバーも多いようなので予選の結果がそのまま明日に向かうような形にはならないと思います。明日は、レッドブルが復活の勝利を上げるのか、はたまたマクラーレンとメルセデスが勝ちをとるのか、またニューヒーローが生まれるのか、いろんな意味で楽しみです。

F1バーレーンGP予選結果

ピンバック

コメント

名前とEメールアドレスが必須です。

以下のHTMLタグが使用できます。 <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>